読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マレーシア旅行

 5泊6日でマレーシアのクアラルンプールに行ってきました。今回はちょっと豪華にしてグランドハイアットホテルで宿泊しました。

f:id:Hatsukomasanori:20170225095932j:plain

写真を投稿

写真を投稿
フォトライフにアップロードされます。
今月のファイル利用量 0%
 
 
 
  1. グランドハイアット

グランドハイアットの行き方

1.モノレール

KLSentral(セントラル)→Raja Chulan(ラジャチュラン)で下車。

歩道橋を渡りモノレールを見て左に道に沿って行くとパビリオンのバス停があります。(約5分)屋根付き歩道橋に上り右に行くとパビリオン右に行くとハイアットになります。下を見ながら行くとホテルが見えます。歩道橋をおり車道に出ると横断歩道があります。横断歩道の向かいがハイアットになります。

※横断歩道を渡るとき車信号では止まりますが、(左折車は信号無視する車があります)オートバイは横断歩道でも信号無視で止まらず肝を冷やしました。歩道も走ってきます。ご注意あれ!!

2.KTMコミューター

KLSentral(セントラル)→KLCCで下車

ショッピングモールSuriaを通りディオールの店あたりにイベント広場があります。左にインホメーションカウンターを入り黄色いトラのマークMAYBANKのところを右に行きます。両側に店はなくなります。扉を出て左に行くと数軒のフードコート があります。スターバックスのほうに行くとエレベーターがあり屋外に出れます。通路の向かい側がハイアットビルの裏口になります。ドアーマンが扉を開けてくれます。

3.モノレールはゆっくりで料金(RM5.6/2人)は高めと言っても1リンギットぐらいの違いです。下車してからはホテルに行くのには10分ぐらいでこちらのほうがわかりやすいです。

KTMコミューター(RM4.8/2人)は下車してからホテルまでの地下通路は分かりにくく15分~20分ぐらいかかります。反対にホテルからKLCCへ行くのは簡単スムースに行くことができます。

 

ロイヤルセランゴール(錫細工の工場)~バトゥケイブ

コンセルジェに頼むとロイヤルセランゴールが無料で送迎をしてくれます。マレーシアが世界に誇る工芸品作りの工場の見学、歴史も紹介され見るだけでも楽しいところです。

KTMコミューターを使ってWangsaMaji駅下車からタクシーをつかまえるのは難しいので見学者はホテルからタクシーかツアーを利用しているようです。

帰りはドライバーにWangsaMaji駅まで送ってもらい終点の(Gombak)(RM3.8)まで行くと何台もタクシーが待機していました。パトゥケブまでの値段交渉になるとドライバー達が口をそろえ「RM15だ!」「メーターを使ってほしい」「メーターを使ってもRM15だ!」と言われのですが、交渉の末メーターを使ってくれることになりパトゥケイブまでRM12.5でした。

帰りはパトゥケイブからKLセントラルまで(RM6/2人)KTMコミューターを使いましたが30分1本ぐらいで列車が出た後なら1時間近く待つことにまります。

マラッカ

KLsentralからBandar Tasik Selatan(RM4.8/2人)下車。歩道橋を渡り向かいの大きなビルがバスターミナルです。マラッカ行のバス(Metorobus)はパスポート提示すると航空券のように名前、時間、シート番号が入ります。RM12~RM13と思っていたのですがRM10でした。BandarTasiku Sentoralの職員は親切でした。

バスのシートは初めから倒れており戻しても倒れていきます。直立不動から好みで角度を変えることができませんでした。

渋滞がなかったので2時間かからずにマラッカセントラルバスターミナルに到着しました。17番の市内循環バス(RM1.5)で広場に20分ぐらいで到着しました。町の見学は食事をしなければ2時間もあれば十分にできます。

帰りも17番のバス(RM2)です。渋滞があり1時間近くかかりました。

クアランプール行きの切符を買うためバス会社のブースに行くと1:30は売り切れ明日のバスしかないと言われあわてました。おばちゃんで愛想がなくブースの中で自分たちのおしゃべりに夢中でした。違う会社のブースに行くと4:00(RM13.5(Melorinterline)があり、またまた読書で時間をつぶすことになりました。土日に行くと人手が多いためにバスの予約が取れないのかもしれませんが、平日だと車の渋滞があるとのことでした。

マラッカセントラルのトイレは有料でコインが役に立ちます。(RM0.3)

クアランプール入るのに渋滞があり3時間ぐらいかかりKLセントラルに8時ぐらいにつきました。

最初にBandar Tasik Selatanでパスポートを提示して往復の切符を買っておけば帰りにあわてなくて済むだろうと思いました。